道 場 礼 儀 作 法

《道 場 生 必 読》




"武道は礼に始まり、礼に終わる"

※以下の道場礼儀作法は世界中の極真会館で指導・励行されていることである。しっかりと遵守されたい。

1. 道場に入る時、又は稽古場(体育館や武道場を含む)に入るときには、両腕で十字を切り、お辞儀をし”押忍”と挨拶する事。お辞儀と押忍の挨拶は、まず部屋の正面又は神前に向かって行い、続いて他の会員に対して行う事。

2. 稽古には遅れない事。止むを得ず遅刻した場合には、正面に向かってお辞儀をして”押忍”と挨拶をし、目を閉じて後ろ向きで正座し、黙想しながら指示を待つ事。
稽古に入るように指示されたら、目を開き、正座をしたまま正面を向き、お辞儀をして”押忍”又は”失礼します”と挨拶をし、他の会員の稽古の邪魔にならない様、また先輩の前を横切らずに,列の後ろに付く事。

3. 身体と道着、その他スネサポーター等の身の回りの物を清潔に保つこと。道着は白く清潔な物だけを着用する事。道着の左胸の上に”極真会”の漢字のロゴをつけること。破れた道着は、きちんと繕うこと。身だしなみの整っていない会員は、道場や他の会員に対して礼が欠けていると見なす。

4. 指示があるまでは、道着、又は道着の一部を脱いだりはずしたりしない事。道着を直す必要がある時は、後ろを向いて素早く直すこと。

5. 先輩や年配の会員には、尊敬の念を持って接する事。黒帯、先輩の会員が入って来たときは、立ち上がってきちんと”押忍”と挨拶すること。

6. 指導員、先輩の会員と話す前、話終わった時は”押忍”と言ってお辞儀をすること。道場外でも、礼儀作法を遵守する事。先輩かどうか定かでない時は,先輩に対する接し方をすること。

7. 握手をする時は、信頼と謙虚な気持ちを込めて、両手でする事。道場外でも、同様に両手にて行い、特に先輩に対しては両手の握手を忘れない事。

8. 指導員、先輩の指示や質問には、大きな声で”押忍”と言ってから素早く答えること。ゆっくりとした、無頓着な態度は失礼にあたる。

9. 稽古の間は、稽古に集中し、心や眼があちこちさまよう事のないようにすること。常に、指導員と他の会員に対して尊敬と誠実さを忘れない事。真剣な態度無くして、稽古に参加してはならない。

10. 稽古中に座って休むように指示された時は、正座をし指示に従い安座にして休む。他の会員の迷惑とならない様、休んでいる間は、そわそわしたり話をしたりしない事。また、危険防止の為、立膝をついてはならない。

11. 許可があるまでは、勝手に稽古を離れたりしない事。緊急の時は節度のある態度でその場を離れ、指導員に速やかに事情を説明すること。

12. 稽古中の怪我防止の為に、時計、指輪、アクセサリー、尖(とが)ったもの等の身に付けているものを全てはずすこと。眼鏡をかけている生徒は、使用しても良いが、組手の時には外すこと(コンタクトレンズの使用が好ましい)。また、危険防止の為、スネサポーター、グローブ、ファールカップの使用を薦める。

13. 道場は、伝統的に神聖な場所であるので、会員は帽子をかぶったり、汚い言葉を使ったりしてはならない。道場では靴を脱ぐこと。 食べ物を食べたり、ガムを噛んだりする事は禁止。また、喫煙をしてはならない。

14. 全ての会員は、稽古の後の掃除に参加すること。道場は特別で大切な場所であるので、大事にすること。

15. 会員は会員間の信頼を大切にする事。極真の道を、非協力的、悪意のある態度で卑(いや)しめることのないようにす
ること。また悪意を持った組手をする態度は、怪我の起こりやすい状態を招くものである。

16. 会員は噂話や陰口、他の流派の批判などを慎むこと。

17. 当団体の大会やイベントに参加を希望する場合は、申込む前に、指導員に相談すること。

18. 団体の他の道場を訪ねる場合は、あらかじめ指導員に許可をもらうこと。他の道場では、最高の尊敬と礼儀を持って指導員や会員に接する事。

19. 会員は、道場の外でも内でも、当団体の会員として恥ずかしくないように行動すること。道場で学んだ技術を他人を傷つける為に使う事があってはならない。(自分の身が危険な時、あるいは大切な人が危険にさらされた時を除く。)

20. 会員は”頭は低く、目は高く、口慎んで心広く、考を原点として他を益する”という極真精神を道場内でも日常の生活においても忘れずに行動する事。



"極真空手道の目的は、人格の完成を目指すものである"