大山倍達総裁の経歴




1923年(大正12年) 7月27日 東京に生まれる。9歳から十八手の中国拳法を学び中学2年で初段となる。
1938年(昭和13年) 松濤館の開祖・船越義珍師の門を叩き、17歳で初段となる。
1947年(昭和22年) 京都円山公会堂で開かれた戦後初の第一回全日本空手道選手権大会優勝する。
1948年(昭和23年) 生涯を空手一筋に捧げることを決意、千葉県清澄山中にて18ヶ月の山籠り修行を行う。
1950年(昭和25年) 千葉県館山で牛と対決。牛を倒すこと47頭、うち4頭は即死。
1952年(昭和27年) 日本の空手代表として、柔道の遠藤幸吉と共に渡米。 全米32ヶ所でデモンストレーションを行い、プロレス・ボクシングなどの挑戦を受け、全勝。 親指と人差し指で10円銅貨を曲げ、手刀でウイスキー瓶の首を切る技は、「神の手(ゴッド・ハンド)と称賛された。 またFBIの要請により空手指導、FBIの逮捕術に取り入れられた。以来、世界各国をまわり空手の普及に努める。
1956年(昭和31年) 立教大学裏の古いバレエスタジオを借りて大山道場として稽古を始める。道場設立後も積極的に海外遠征を行いアメリカ、ヨーロッパなど16カ国に合計72支部が発足。
1965年(昭和40年) 国際空手道連盟極真会館を正式に発足。
1994年(平成6年) 4月26日 大山倍達総裁 永眠 享年70歳





✧ 極真とは


「千日をもって初心とし、万日をもって極みとする」という
武道の格言から発した名称です。

「正義なき力は暴力であり、力なき正義は無力」である。
我々は知性と体力を向上させて、社会の中で正義を
実現できる人間になれるように努力しなければなりません。

そのためには
「日々の厳しい修行に耐え、己に打ち克つ強い精神力」
を身につける必要があります。
他人に勝つためには、まず自分に克たなくてはならないのです。
自分に克つとは、肉体の辛さを気力で乗り越えていくことに他なりません。
我々の目指すものは、こうした空手の道を通じて、
「自分に厳しく、他人に優しく」できる心を育てていくことです。





✧ 極真精神

「頭は低く目は高く、口を慎んで心広く、孝を原点として他を益する」とは、
創始者である故 大山倍達自身が、長年の厳しい修行人生の中で確立した極真精神です。

「押忍」の精神には、尊敬、感謝、忍耐、という精神があります。

心身を錬磨すると同時に、伝統や礼節を重んじる極真会館での修行が、
実生活に活かされると信じます。
さらに、極真空手道においては、人種、民族、国家、政治、思想、宗教、
性別、年齢などによる偏見差別がなく、全ての人々が平等の権利を有することを
旨とし、国際交流をもって、全世界の平和友好を目指します。

全ての武道は、いずれも厳しい自己修錬を課し、その奥義を極めることによって
自己の人格形成、すなわち人間としての正しい道を極めることを目指すものです。
極真空手は、この武道本来の意味を全うすることを本義に置いています。
また直接打撃制、無差別による実践的空手を通し、相手の痛みを知ることによって、
人間本来の優しさを知るという理念も、極真の信ずる道です。



【頭は低く 目は高く 口慎んで 心広く 孝を原点とし 他を益する】

えらくなればえらくなるほど 強くなれば強くなるほど 頭は低く 目(目標)は高く 口を慎んで 心を広くもち 親孝行を原点として 他人に奉仕する。(大山倍達)






大山倍達総裁座右の銘


一、武の道は礼に始まり礼で終わる よって常に礼を正しくすべし

二、武の道の探究は断崖をよじ登るがごとし 休むことなく精進すべし

三、武の道においてはすべてに先手あり しかれども私闘なし

四、武の道においても金銭は貴いものなり しかれども執着すべからず

五、武の道は姿なり 何事においても常に姿を正しくすべし

六、武の道においては千日を初心とし 万日の稽古を持って極とす

七、武の道における自己反省は 常に練達への機会なり
 
八、武の道は字のためにあるものなり 修練にて私心を忘れるべし

九、武の道においては点を起とし円を終とす 線はこれに付随するものなり

十、武の道においては真の極意は体験にあり よって体験を恐れるべからず

十一、武の道において信頼と感謝は 常に豊かなる収穫を得ることを忘るべからず






世界総極真 最高顧問・代表



最高顧問 長谷川一幸範士

代表 大石代悟範士



長谷川一幸選手 第1回全日本大会3位

後の第2回全日本大会で優勝

大石代悟選手 第3回全日本大会3位

妖刀村正の蹴りで後の世界大会で4位入賞